2009年05月18日

映画予告:バグダッド・カフェ




★つぶやき★
この映画も大好きな作品の1つ。癒されるよね。淡い色合いの景色に主題歌の「Calling You」が忘れられなくなる。現代の世の中て、忙し過ぎるし、猛スピードで情報が動いていますよね。今の若者日本人が砂漠のど真ん中のカフェに行っても、多分携帯ピコピコで休むことをしないし、休むすべを知らないような気がします。なにもかも"オフ"にする…。そして大切なものを知る…。スローに過ごすゆとりが現代人に必要なのかもしれませんね。
posted by marco at 06:48| Comment(3) | 映画予告(YouTube) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画予告:ロスト・イン・トランスレーション




★つぶやき★
自分的には春に見る映画の位置づけ。春には新天地で新しい生活を始める人が多いと思うし、例え自分が異国に住む外国人じゃなくても、東京生活を始めた地方出身者でも、個々がかかえる寂しさや孤独感を共感できると思うんだよね。同じ気持ちの持ち主が引かれ合う。男女でプラトニックに引かれ合う…。春の初々しさだね。
posted by marco at 06:33| Comment(0) | 映画予告(YouTube) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

映画予告:ストレンジャー・ザン・パラダイス



★つぶやき★
普通、家を後にして車で旅にでる時って"旅"に対して期待するもんですよね。これからの出会いや出来事によって、自分が成長し変化する。映画の場合ならなおさら演出が付け加えられてポジティブなイベントが起きるだろうと思うものですよね。でも、このロードムービーの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」ではアメリカ国内で遠く離れた街に行っても何も喜びや変化が見いだせないですよね。閉塞感がいつも付きまとう。一生、負け犬で過ごさなければならないの…?でも、そんなやるせない雰囲気がなぜかお洒落に感じるんだよね。必要最低限のミニマルなアート映画をぜひ楽しんでみて下さい。
posted by marco at 17:01| Comment(0) | 映画予告(YouTube) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画予告:リトル・ミス・サンシャイン



★つぶやき★
低予算で製作された映画なので、度肝を抜くCGシーンとかはないですが、一度この映画を鑑賞した人はこの映画のぬくもり、優しさに見入ってしまいますね。この家族のどのキャラクターも愛らしくてたまらないですね。まだ見ていない人にオススメ映画です。
posted by marco at 16:59| Comment(0) | 映画予告(YouTube) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画予告:サイドウェイ



★つぶやき★
「ハイスクール白書」「アバウト・シュミット」「パリ・ジュテーム」とこの「サイドウェイ」の監督であるアレクサンダー・ペイン。彼の人物描写はアメリカの若手映画監督では群を抜いての才能よりもたらせるもの。この「サイドウェイ」でも冴えないおっさん2人の旅をワインのうんちくでコンパクトではあるが、人間臭さ抜群の演出が光っています。女性の映画ファンはこの映画に酷評する人が多いのですが、男性なら共感できる部分が多く楽しめます。30歳を過ぎたら人生の洗礼としてこの映画を鑑賞するのをオススメします。カリフォルニア・ワイン万歳!!
posted by marco at 16:57| Comment(0) | 映画予告(YouTube) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。