2008年05月13日

最高の人生の見つけ方(原題:The Bucket List)(劇場鑑賞)

CAST(主な出演者) 

Jack Nicholson... Edward Cole
Morgan Freeman... Carter Chambers
ジャック・ニコルソン... エドワード・コール
モーガン・フリーマン... カーター・チェンバーズ

bucketlist2.jpg
ーーーーーーーー
Synopsis(あらすじ)(注)ネタバレあり

Edward Cole (Jack Nicholson) has worked hard his whole life to build his hospital corporation into a Fortune 500 company. As CEO, Edward is on top of the world when cancer comes knocking on his door. In the hospital, Edward is put into a room with another cancer patient, Carter Chambers (Morgan Freeman). The doctors have given both the news that they have six-months to a year to live. Carter just blocks out the bad news and continues watching Jeopardy on TV, because he knows all the answers. When Carter was young, he was able to attend the first year of college, but when his wife got pregnant, Carter found work as an automobile mechanic. Carter remembers that in one of his classes the professor gave them an assignment to fill out a Bucket List of the things you want to do in life before you kick the bucket. Carter starts writing his list of things to do. Edward sees the list and writes some other things to do like skydiving and race car driving. They both decide to leave the hospital and embark on fulfilling all the things on the bucket list.

エドワード・コール(ジャック・ニコルソン)は自分の人生を病院施設ビジネスに捧げていた。エドワードはCEOとしてトップの座にいる時に、自分が癌に冒されているのを知る。病院で、エドワードはもう一人の癌患者、カーター・チェンバーズ(モーガン・フリーマン)、と一緒の部屋になる。医師は両者に彼らの命は半年から1年だろうと告げる。カーターは聞かぬふりをし、テレビでクイズ番組を見続けていた。なぜなら、すべての答えを知っていたからである。カーターが若い時、一年は大学に通う事ができたが、妻が妊娠すると同時に、整備工としての仕事を見つけた。カーターが覚えているのは、大学の授業で、教授が課題を与えたことであった。それは、自分が棺桶に入る前に、自分のやりたいことのリストを書き出すというものだった。カーターは彼のしたいことのリストを書き始めた。エドワードはそのリストを見て、スカイダイビングやレースカーの運転などをつけたした。エドワードとカーターは病院を離れ、その棺桶リストに書かれたすべての事を達成しようと動きだす。

bucketlist1.jpg
ーーーーーーー
Script(スクリプト)

Edward Cole: Do you hate me?
Carter Chambers: Not yet.

エドワード「俺の事が嫌いか?」
カーター「今の所はまだだ」

Edward Cole: The simplest thing is... I loved him. And I miss him. Carter and I saw the world together. Which is amazing... When you think that only three months ago, we were complete strangers! I hope that it doesn't sound selfish of me but... the last months of his life were the best months of mine. He saved my life... And he knew it before I did.

エドワード「簡潔に言えることは…俺は彼が好きだった。彼を失ってとても寂しい。カーターと俺は一緒に世界を見て回った。とてもすばらしかった。3ヶ月前にはまだ俺たちは完全な見知らぬ2人だった。俺のまがままに聞こえるかもしれないが、彼の最後の月は自分のあ最高の月だった。彼は俺の人生を救ってくれた。俺がその事を言う前に、彼は知っていると思うがね…」

Carter Chambers: Edward Perryman Cole died in May. It was a Sunday in the afternoon and there wasn't a cloud in the sky. He was 81 years old. Even now, I can't claim to understand the measure of a life, but I can tell you this: I know that when he died, his eyes were closed and his heart was open, and I'm pretty sure he was happy with his final resting place because he was buried on the mountain, and that was against the law.

カーター「5月にエドワードは亡くなった。日曜日の午後で、空には雲一つなかった。彼は81歳だった。今となっては、人生の尺度を理解しているとは主張はできないが、あなたにこれだけは言える。彼が死んだ時、彼は目を閉じそして心を開いた。俺が確かに思っている事は、彼は最後の休息の場を幸せに感じていると思う。なぜなら、山に埋めたし、その場所は法律違反をしている所だからだ」

[last lines]
Carter Chambers: And he probably liked that, because it was illegal.

(最後のセリフ)
カーター「彼は多分そこが好きだと思う。なぜなら法律違反しているからだ」
ーーーーーー
Comment(コメント)

点数は73点。かなり期待しすぎたため、思ってたより点数が伸びなかった。でも、最後は心に温かいモワモワした感情がこみ上げてきた。心に残っているセリフは「人生楽しめ!」のひと言につきる。

bucketlist.jpg

2008年03月31日

ノーカントリー(劇場鑑賞)

登場人物 ◯エド・トム・ベル保安官 トミー・リー・ジョーンズ
     ◯アントン・シガー  ハビエル・バルデム
     ◯ルウェリン・モス ジョシュ・ブローリン
     ◯カーラ・ジーン ケリー・マクドナルド
     ◯ウェンデル ギャレット・ディラハント
     ◯ロレッタ・ベル テス・ハーパー
     ◯カーソン・ウェルズ ウディ・ハレルソン
ーーーー

スクリプト↓↓↓

Llewelyn Moss: If I don't come back, tell mother I love her.
Carla Jean Moss: Your mother's dead, Llewelyn.
Llewelyn Moss: Well then I'll tell her myself.

ルウェリン「もし戻ってこれなかたら、母さんに愛してると言ってくれ」
カーラ「あなたのお母さんは死んでいますよ、ルウェリン」
ルウェリン「そうか、なら自分で彼女に言いにいくわ」
ーーーー
Anton Chigurh: Don't put it in your pocket, sir. Don't put it in your pocket. It's your lucky quarter.
Gas Station Proprietor: Where do you want me to put it?
Anton Chigurh: Anywhere not in your pocket. Where it'll get mixed in with the others and become just a coin. Which it is.
[Chigurh leaves and the gas station proprietor stares at him as he walks out]

シガー「それをポケットに入れないでくれ。それをポケットに入れないでくれ。それはあんたの幸運の25セントだ」
ガソリンスタンド所有者「どこで保管したらいい?」
シガー「ポケット以外ならどこでもいい。他のコインと混ざっちゃただの1枚のコインになる。ただのコインに」
(シガーは去り、ガソリンスタンド所持者は彼の立ち去る姿を見つめる)
ーーーー
Carla Jean Moss: You don't have to do this.
Anton Chigurh: [smiles] People always say the same thing.
Carla Jean Moss: What do they say?
Anton Chigurh: They say, "You don't have to do this."
Carla Jean Moss: You don't.
Anton Chigurh: Okay.
[Chigurh flips a coin and covers it with his hand]
Anton Chigurh: This is the best I can do. Call it.
Carla Jean Moss: I knowed you was crazy when I saw you sitting there. I knowed exactly what was in store for me.
Anton Chigurh: Call it.
Carla Jean Moss: No. I ain't gonna call it.
Anton Chigurh: Call it.
Carla Jean Moss: The coin don't have no say. It's just you.
Anton Chigurh: Well, I got here the same way the coin did.

カーラ「これをする必要はないでしょ」
シガー「(笑って)人はみな同じ事を言う」
カーラ「なんて言うの?」
シガー「『これをする必要はない』ってな」
カーラ「しないで」
シガー「わかった」
(シガーはコインをフリップして手で覆う)
シガー「これが1番の方法だ。裏か表か?」
カーラ「あなたがクレイジーだって座っている姿を見た時からわかったわ。私に対して何を考えていたのかわかっていたわ」
シガー「裏か表か?」
カーラ「やめて、そんなくだらないゲーム」
シガー「裏か表か?」
カーラ「コインは何も決めないわ。決めるのはあなたよ」
シガー「コインがここにあるように俺もここにいるんだ」
ーーーー
Wendell: We goin' in?
Ed Tom Bell: Gun out and up.
Wendell: [Wendell draws his pistol] What about yours?
Ed Tom Bell: I'm hidin' behind you.

ウェンデル「突入ですか?」
エド「銃を出して構えろ」
ウェンデル「(銃を取り出して)あなたはどうするのですか?」
エド「俺はお前の後ろについていく」
ーーーー
Boy on Bike #2: Mister? You got a bone stickin' out yer arm.
Anton Chigurh: Let me just sit here a minute.

自転車に乗る少年2「ミスター?骨が腕から飛び出ていますよ」
シガー「ここに座ってちょっと休ませてくれ」
ーーーー
Loretta Bell: Be careful.
Ed Tom Bell: I always am.
Loretta Bell: Don't get hurt.
Ed Tom Bell: I never do.
Loretta Bell: Don't hurt no one.
Ed Tom Bell: [smiles] Well. If you say so.

ロレッタ「気をつけて」
エド「いつもそうしてる」
ロレッタ「怪我をしないで」
エド「だいじょうぶだ」
ロレッタ「誰も傷つけないで」
エド「(笑って)ああ、お前がそう言うのなら」
ーーーー
Llewelyn Moss: Medico... por favor.

ルウェリン「メディコ…ポルファボール(医者に連れてってくれ)」
ーーーー
Carson Wells: Do you have any idea how crazy you are?
Anton Chigurh: You mean the nature of this conversation?
Carson Wells: I mean the nature of *you*.

カーソン「どれだけ自分がクレイジーか思った事があるか?」
シガー「この会話自体の事を喋っているのか?」
カーゾン「俺が言いたいのはお前自体がクレイジーって事だよ」
ーーーーーーーーーーーーーーーー

(コメント)
アカデミー賞で主要な作品賞や監督賞が取れたのは、映画自体が純粋にエンターテイメントとして機能していたからだと思います。自分は話のほとんどを占めるルウェリン(追われる者)とシガー(追う者)のかけひきにハラハラドキドキしたもんね。シガーは「羊たちの沈黙」のレクター博士以来の凶悪キャラだと思います。追われたら最後…て感じ。まあー、男ぽい映画なので女性にとっては好きずきがあるかな?インディ系のノリが好きな人は劇場に足を運ぶのもよしかもね。

点数71点(DVD登場してから借りてきて見てもオーケーレベル)

nocountry.jpg

2005年12月07日

Mr. & Mrs. スミス(劇場鑑賞)

水曜日はスレラプイス7階の「シネマフロンティア」にてメンズデー。映画1本が1000円で観れるのだー。Let's GO!!

今日は「Mr. & Mrs. スミス」を鑑賞しました。この「Mrs.」の発音がちょっと曖昧で自信がなかったが、確かカタカナ表記するのなら「ミシィズ」な感じだと思う。チケット売り場で「ミシィズ」と発しった後、受付の若い女性が「ミスター アンド ミセス スミス」ですねと確認。邦画だと読めない漢字のタイトルの時とか鑑賞するかしないか迷いますよねー。今回は「ミセス」でオーケーみたいなので全国のみなさん気軽にGO!

恒例のセリフをいくつか紹介します。
ジェーンはアンジェリーナジョリーが演じてますし、ジョンはブラッドピットが演じています。
最近の噂話しでは、実生活でも夫婦生活を開始秒読み??なんてありますし、目が離せないビッグスターの競演でした。

[about the new curtains Jane bought]
Jane Smith: If you don't like them we can take them back.
John Smith: All right, I don't like them.
Jane Smith: [pause] You'll get used to them.
(ジェーンが購入した新しいカーテンについて)
ジェーン「あなたが気に入らなかったら、返品するから。」
ジョン 「わかった。気に入らない。」
ジェーン「(間をおいて)慣れるわよ。」

John Smith: [both pointing guns at each other; John drops his] You want it? It's yours.
Jane Smith: Don't! C'mon! C'mon!
ジョン 「(銃をお互いに突きつける。ジョンが捨てる。)その俺の銃が欲しいか?君のものだよ。」
ジェーン「やめて。カモーン。かかってこいよ。」

Jane Smith: You ever have trouble sleeping after?
John Smith: No.
Jane Smith: Me neither.
ジェーン「殺しの仕事の後に、睡眠障害とかにならなかった?」
ジョン 「いいや。」
ジェーン「私もないわ。」

John Smith: We're going to have to re-do every conversation we've ever had.
ジョン 「俺たちはいままでに行った会話をもう一度やり直す必要があるんだなー。」

John Smith: How many? Ok... I'll go first, then. I don't keep exact count, but I'd say, uh, high 50s, low 60s. I mean, I know I've been around the block an all, but...
Jane Smith: 312.
John Smith: What? How?
Jane Smith: Some were two at a time.
ジョン 「何人だ?わかった。俺が最初に喋るよ。正確には数えてはいないが、まあ、50、60人は殺したと思う。長い間この世界にいるわけであるし、、。」
ジェーン「312人。」
ジョン 「なんだって?」
ジェーン「一度に2人の時もあった。」

Jane Smith: My parents died when I was five. I'm an orphan.
John Smith: Who was that kind fellow who gave you away at our wedding?
Jane Smith: Paid actor.
John Smith: I said, I said I saw your dad on "Fantasy Island"!
ジェーン「私の両親は5歳の時に亡くなった。私は孤児よ。」
ジョン 「俺たちの結婚式にいた君の父親らしき人は誰だった?」
ジェーン「プロの役者。」
ジョン 「言ったろ、君の父親をテレビで見たって。」

などなど。
marcoの評価は75点。
サービスデーなんかで安く鑑賞できる時は狙い目かな??
1800円だと高く感じられます。


49m.jpg

2005年07月13日

宇宙戦争(1)

まずは、セリフを。

Rachel Ferrier: I'm allergic to peanut butter.
Ray Ferrier: Since when?
Rachel Ferrier: Birth.

レイチェル「ピーナッツバターアレルギーなのよ。」
レイ   「いつから?」
レイチェル「生まれた時からよ。」

探してきたセリフがこれで、宇宙人との壮絶な戦い(実際は一方的に人間がやられる)の中での交わされた会話からではなく、ピーナッツバターの事ですか??

でもでも、「生まれた時からアレルギーで…」!!
この映画の最後ってどうだった??宇宙人たちは…。

映画って細かい計算のもとに成り立っているんだよな。
些細な会話でも映画を形成する重要な一部だと…。

映画評価★★★☆☆(星3)。
劇場で見ることには、あまり人にすすめられない。
DVD待つべし。

例外)「ディープインパクト」「ツイスター」「デイ・アフター・トゥモロー」なんかのパニック系、人間なんて蟻んこさ!系が好きな人は、この「宇宙戦争」も楽しめると思います。waroftheworlds.jpg

2005年06月15日

ミリオンダラー・ベイビー(1)

最高の天候の中、札幌祭り。俺はシネマフロンティアにて映画鑑賞。信仰とか神とか尊厳死とか深い問題が読み取れますが、得意なトピックじゃないので掘り下げて映画を語ることができないので、セリフをお楽しみ下さい。映画は短く感じられるぐらい引き込まれました。
星4つ(★★★★☆)。劇場で見ても満足かな??俺は満足しました。

Frankie Dunn: You forgot the rule. Now, what is the rule?
Maggie Fitzgerald: Keep my left up?
Frankie Dunn: Is to protect yourself at all times. Now, what is the rule?
Maggie Fitzgerald: Protect myself at all times.
Frankie Dunn: Good. Good.

フランキー「お前はルールを忘れている。さて、ルールは何だ?」
マギー  「左腕を上げる?」
フランキー「自分自身を守りぬくことだ。さて、ルールは何だ?」
マギー  「自分自身を守りぬくこと。」
フランキー「よし。よし。」

Maggie Fitzgerald: You're gonna leave me again?
Frankie Dunn: Never.

マギー  「また私から去るの?」
フランキー「2度とそんなことしない。」

Frankie Dunn: Mo cuishle. It means my darling. My blood.

フランキー「モー クイシュル。 俺の愛する人、俺の血って意味だ。」

Frankie Dunn: How many times do I got to tell you that bleach is bleach. Why can't you just buy the cheap stuff, you always have to buy the expensive stuff.
Eddie Scrap-Iron Dupris: It smells better, Frankie.
Frankie Dunn: Bleach smells like bleach.

フランキー「漂白剤に違いはないってお前に何回言っているんだ。高いやつじゃなく安いのを買えって言っているだろ。」
エディー 「これはいいにおいがする。フランキー。」
フランキー「漂白剤は漂白剤の臭いしかしないだろ。」

Eddie Scrap-Iron Dupris: Anybody can lose one fight, anybody can lose once, you'll come back from this you'll be champion of the world.

エディー「誰でも1回は負ける。それを乗り越えれば、お前は世界のチャンピオンだ。」

million.jpg

2005年06月06日

フォーガットン(1)

月曜日はシネマ11にてメンズデー。男性は1000円で鑑賞できるのである。そんなわけで、コマーシャルでかなり期待をさせてくれる「フォーガットン」を見ようと車を走らす。だが…。とりあえずはセリフをどうぞ。

Det. Anne Pope: [shouts] Telly Paretta, stop! I'm Detective Pope! I tracked the man to this house. I shot him in the leg, and nothing.
[shouts]
Det. Anne Pope: He is not human! I believe you!

ポープ警部「(叫びながら)テリー・パレッタ、止まりなさい!私は刑事のポープです!この家である男のあとを追いました。彼の脚を銃で撃ちましたが何も起りませんでした。」
(叫ぶ)
ポープ警部「彼は人間じゃありません!あなたを信じるわ!」

この映画は公開前から劇場の予告などでとても楽しみにしていた映画です。チラシにも「シックスセンス以来、最も衝撃的なスリラー」と書かれていますし、そう信じていました。きっとM.ナイト.シャマラン監督級のオチ、ドンデン返しがあるのだと…。これから見に行く人もいるのでネタバレ発言はできないのですが、He is not human! He is not human! He is not human!…とこの文がネタバレです。ごめんなさい。
国家安全保障局のエージェント達がでてきて、雰囲気が「Xファイル」ぽくなり、まさか10年近くの前のドラマ風なんて古くさいしありえんよな〜と中盤あたりで思い…。そのまま押し切られてエンディング。NO WAY!
映画でモチーフが似ている作品を考えてみると、カーペンター監督の「ゼイリブ」なんか近いのじゃと思いますね。原題はそのままで「THEY LIVE」なのですが、ええ、「フォーガットン」もTHEY LIVEです。ネタバレごめん。
「シックス・センス」「ジェイコブス・ラダー」「アザーズ」の生と死の狭間。
「アイデンティティー」の多重人格などの異常心理。
「マトリックス」「ダークシティ」の仮想現実。
ま〜いろいろ映画の設定、世界のベースになるものはあると思いますが、今回の「フォーガットン」は前半の観客を引きつける状況設定が最高だったので、「THEY!?」オチは一番子供っぽいチョイスであったのは確かでしたね〜。

映画評価は星2つ(★★☆☆☆)。ビデオ屋で新作コーナーに並んでも、友人には旧作になって料金が安くなってから借りれば発言レベル。残念。

forgotten.jpg

2005年06月01日

ライフ・アクアティック(1)

毎月の1日は映画デー。全国的にそうなのかは知りませんが、札幌の劇場はどこでもいつ見ても1000円で鑑賞できます。俺が今日、チョイスした映画は「ライフ・アクアティック」。大好きな役者のビル・マーレイが主人公であるし、劇場の予告でかなりの脱力系のコメディーだったので、ほのぼのした気分になれるかな?と思ってね。
ウェス・アンダーソン監督の作品って初めて見たのですが、この監督っていつもこんなん?いままでの映画鑑賞人生であまり経験したことのないような「半音ズレた喜劇」って感じ。現代の映画って時代を反映していて、次々シーンが急ぎぎみに、小走りに展開していくし、お客もその速い展開を期待して鑑賞することも多々。でも、この「ライフ・アクアティック」はほんとう我が道を自分の意志で行く!って感じなんだよね。独特のまったりとしたリズムとセンスをもって。
評価は星★★★☆☆でビデオ待ちがベストって感じかな〜。ちょっと映画に観客を満足させるパワーがないような。そのパワーレスな部分がこの映画の魅力ってこと。

Steve Zissou: Don't point that gun at him, he's an unpaid intern.
スティーブ・ズィースー「彼にガンを向けるな、彼はお金をもらっていない実習生なんだ。」

lifeaquatic.jpg

2005年05月18日

コーヒー&シガレッツ

本日、シアターキノにてジム・ジャームッシュ最新作の「コーヒー&シガレッツ」を鑑賞してきました。評価は星4つ(★★★★☆)で満足でした。10分ぐらいの話しの違う短編が10作品ぐらい続き1つの作品を作っています。もちろんみなコーヒーと煙草つながり。カフェやバーなんかでまったり展開するウィットに富んだ会話の連続。ジャームッシュ節健在なのである。この役者さんどこかで見たよな〜??と個性強烈なキャラは時間が経っても記憶に残っているものですね。名前は忘れてしまって失礼なのですが。カメラはパンしたりしないでジーと定位置から役者をとらえるんだよね〜。編集もアナログなものだしね。なんかいいよね〜、役者が中心でストーリーが進むって。ミニマル万歳!

Iggy: Cigarettes and coffee, man, that's a combination.

イギー「コーヒーとタバコだよ、ベストマッチだよな。」


coffeeciga.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。