2009年05月02日

Movie Dialogue:ストレンジャー・ザン・パラダイス(1)

strangerPIC.jpg

Willie: You're sure you don't want a TV dinner?
Eva: Yes. I'm not hungry. Why is it called TV dinner?
Willie: Um... You're supposed to eat it while you watch TV. Television.
Eva: I know what a TV is. Where does that meat come from?
Willie: What do you mean?
Eva: What does that meat come from?
Willie: I guess it comes from a cow.
Eva: From a cow? It doesn't even look like meat.
Willie: Eva, stop bugging me, will you? You know, this is the way we eat in America. I got my meat, I got my potatoes, I got my vegetables, I got my dessert, and I don't even have to wash the dishes.

ウィリー:本当にTVディナーいらないのかい?
エヴァ:お腹すいていない。どうしてTVディナーって呼ぶの?
ウィリー:TVを見ている間に食事をするからだろ。TVはテレビのこと。
エヴァ:TVの意味ぐらい知っている。その肉はどこから来たの?
ウィリー:牛からだろ。
エヴァ:牛から?肉には見えないけど。
ウィリー:エヴァ、ゴチャゴチャ言わないでくれるか?これがアメリカでの食事なんだ。肉だろ、ポテト、野菜にデザートがある。そして皿を洗う必要がない。
ーーーーー

★つぶやき★
ハンガリーから初めてアメリカにやってきたエヴァと親戚にあたるウィリーの会話。ここで言われているTVディナーって電子レンジで温めて食べる食事で、プラスチックの皿の上に肉やら野菜やらデーザートがのっているのです。アメリカのスーパーでは冷凍食品コーナーに様々な種類の彼らが言う所の"TVディナー"を見かけました。独身の人には助かりますけどね…。
posted by marco at 16:56| Comment(0) | Movie Dialogue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Movie Dialogue:リトル・ミス・サンシャイン(1)

littlepic.jpg

Richard: There's two kinds of people in this world, there's winners and there's losers. Okay, you know what the difference is? Winners don't give up.

リチャード:世の中には2種類の人間がいる。勝者(ウィナー)と敗者(ルーザー)だ。違いが分かるか?勝者はあきらめない。
ーーーーー

Richard: Oh my God, I'm getting pulled over. Everyone, just... pretend to be normal.

リチャード:なんてこった。路肩に車を寄せて止まるぞ。みんな普通を装っていろよ。

ーーーーー
★つぶやき★
上の「勝者はあきらめない」ってこの映画のテーマのように感じられますよね。父親のリチャードはうざい人物だったと思ったけど、話が終わってみるとやはり一家の大黒柱的存在だったと思います。

下のセリフはおじいさんの死体を車に乗せている時に白バイに車を止めろと言われた時の反応です。結局エロ本という小道具に助けられるのでしたよね!?
posted by marco at 16:52| Comment(0) | Movie Dialogue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

Movie Dialogue:映画「ミルク(Milk)」(1)

milk.jpg

Harvey Milk: [First lines] This is Harvey Milk speaking on Friday November 18th. This is to be played only in the event of my death by assassination. During one of the early campaigns, I started opening my speeches with the same line and it sort of became my signature... Hello, I'm Harvey Milk, and I'm here to recruit you.

ハーヴィー:11月18日金曜、ハーヴィー・ミルクが喋っている。暗殺により私が死んだ時にのみ、このテープを再生してほしい。キャンペーンのはじめ、同じセリフでスピーチを始めてそれが私のシンボルマークとなった。「私はハーヴィー・ミルク。みなさんを政治運動へ勧誘します!」
ーーーーーーーーーーーー

Harvey Milk: You're not going to let me spend my birthday all by myself, are you?
Scott Smith: [gently teasing] Listen, Harvey, you're pretty cute, but... I don't date guys over forty.
Harvey Milk: Well, then this is my lucky night.
Scott Smith: Why's that?
Harvey Milk: I'm still thirty-nine...
[showing Scott his watch]
Harvey Milk: It's only eleven-fifteen.
[pauses, leans forward and kisses Scott]

ハーヴィー:誕生日に俺をひとりぼっちにはしないよね?
スコット:いいかい、ハーヴィー。君はとてもキュートだが、俺は40歳過ぎの男とはデートしないんだ。
ハーヴィー:そう、じゃあ今夜はラッキーな夜だ。
スコット:どうして?
ハーヴィー:だってまだ39歳だもの…(スコットに腕時計を見せる)
ハーヴィー:まだ11時15分…(スコットに寄りかかりキスをする)
ーーーーーーーーーーーーー

Dan White: Society can't exist without the family.
Harvey Milk: We're not against that.
Dan White: Can two men reproduce?
Harvey Milk: No, but God knows we keep trying.

ダン:家族なしに社会は成立しないんだ。
ハーヴィー:その意見に反対はしない。
ダン:ふたりの男で子を作ることができるか?
ハーヴィー:できない。でも神様はトライしてがんばっているのを知っている。
ーーーーーーーー

Harvey Milk: [to Cleve Jones] You're going to meet the most extraordinary men, the sexiest, brightest, funniest men, and you're going to fall in love with so many of them, and you won't know until the end of your life who your greatest friends were or your greatest love was.

ハーヴィー:君は最高に卓越して、セクシーで、頭が良くて、面白い男達に会うだろう。そして多くの彼らに恋するだろう。そして君の人生の最期まで、あなたの最高の友人、恋人が誰だったかのかを知らないだろう。
ーーーーーーーーー

Harvey Milk: Forty years old and I haven't done a thing that I'm proud of.
Scott Smith: You keep eating this cake, you're gonna be fat by the time you're fifty.

ハーヴィー:40歳だ。自分は誇りに思える事を何もしていない。
スコット:このケーキを食べ続けているだろ、50歳までには太るのは確かだね。
posted by marco at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie Dialogue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

Shall We Dance (1)

Beverly Clark: We need a witness to our lives. There's a billion people on the planet... I mean, what does any one life really mean? But in a marriage, you're promising to care about everything. The good things, the bad things, the terrible things, the mundane things... all of it, all of the time, every day. You're saying 'Your life will not go unnoticed because I will notice it. Your life will not go un-witnessed because I will be your witness'."

ビヴァリー「私達の生活に証人って必要よね。何億の人がこの地球上に。つまり、ひとつの生活って何を意味するの?でも、結婚において、あなたはすべての事をケアするって約束したよね。良いこと、悪いこと、ひどいこと、ありふれたこと、、、そのすべて、いつどんな時も。あなたは言っていたよね、「あなたの人生は気づかれないことはない、だって私が気づくから。あなたの人生は証人なしに進まない、だって私があなたの証人なんだから。」

shallwedance.jpg
posted by marco at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie Dialogue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

ダークシティより(1)

John Murdoch: When was the last time you remember doing something during the day?

Inspector Frank Bumstead: What do you mean?

John Murdoch: I just mean during the day. Daylight. When was the last time you remember seeing it? And I'm not talking about some distant, half-forgotten childhood memory, I mean like yesterday. Last week. Can you come up with a single memory? You can't, can you? You know something, I don't think the sun even... exists... in this place. 'Cause I've been up for hours, and hours, and hours, and the night never ends here.

マードック「昼の間に何かしたのを最後に覚えているのはいつだい?」
フランク 「どういうこと?」
マードック「昼の間だよ。日光。日光を最後に見たのはいつだ?俺が聞いているのは遠い昔の子供の時の記憶じゃなくて、昨日のことや先週のことだ。何か思い出したかい?できないだろ?太陽がこの場所に存在していないのじゃと思っているんだ。だって、俺は何時間も何時間も起きていて、夜が決して終わらないんだから。」

posted by marco at 19:05| Comment(2) | TrackBack(1) | Movie Dialogue | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。