2007年06月12日

大日本人のボディーブロー

数日前、松本人志監督の「大日本人」は平均点以下の67点だと言いましたが、この頃、その映画の見えないパンチがジワジワと自分にききはじめてきました。昨夜も夢で数々のシーンを見て寝言を言ってしまうほど(多分)。

賛否両論が激しい映画だと思います。が、見終わって後、何かが心の中に残る映画なのです。これだ!というものは言えませんが、抽象的な何かが残るのです。

まあ、こう感想は変わりましたが、点数はやはり67点です。でも、この映画の中に大きなダイヤモンドの原石のようなものが感じ取れます。松本監督の次回作が楽しみです。

もしかすると、松ちゃん大化けするかもしれないな。映画界での巨匠のような存在になるかもという意味で。期待。

見てない人は見れば良いかも、、、でも平均点以下の点数をつけると思うけど、、、光る何かが、、、、!!!!あるかも。
posted by marco at 19:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大日本人
映画のことはようわからんが
もう一回見たいなあと思うから
81点!
Posted by 得盛汁ダク at 2007年06月17日 23:01
81点でもありだと思うね。
自分の場合は、次回作の期待をこめて80点以上をつけるかもね。
最近見た邦画だと「キサラギ」がおすすめ!
ではでは。
Posted by marco at 2007年06月24日 18:11
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44630033

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。