2007年06月08日

大日本人(劇場鑑賞)

dainipponjin1.jpg


明日から公開の「300」のCMバンバンガンガンに比べると、「大日本人」の中身は秘密が守られていて、ぜんぜん外には漏れていないですね。だから、どんな映画か気になって見たくなる衝動が、、。

ユナイテッドシネマ朝一。会社へ向かう通勤サラリーマンをかき分け、劇場へ吸い込まれる。

大日本人を点数で表すらな67点である。これは70点が一応の平均点である自分の評価から考えるとマイナス方向の採点である。まー、獣と戦うヒーローモノで良しですよ。ヒーローの悲しみも笑いのついでにちょい理解できた。

何が悪いかと言うと、松ちゃんが演じるヒーローを常に密着して取材する構成、、、インタビュー形式でキャラを説明していく方式にカチンとくるのね。主人公以外にも脇役の人にも大日本人とはどういう人物等を聞くわけ。最低。
映画で説明口調なパートが多いのは腕がないからなのでね。口ではなくアクションで表現しなくてはね。監督はそうした構成でストーリーを語ろうと決めたと思いますが、やはり映画としてはいまいちですね。

結論:「大日本人」よりガキの使いのDVD見るほうが何倍も笑えるで。
posted by marco at 20:02| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-11 00:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。