2006年03月08日

県庁の星(劇場鑑賞)

先日、アカデミー賞の発表があり、作品賞は「クラッシュ」になりましたよねー。札幌で「クラッシュ」が公開されているのはシネマフロンティアのみ。水曜日はメンズデーということもあり地下鉄でヒュ〜ンと行きました。チケット購入前にトイレで用をたし、スッキリすると場内放送で、「お知らせします。3時上映のクラッシュは現在をもちましてチケット完売になりました。」ひぃえ〜。ひぃえ〜。平日のおやつの時間だぜー??売り場上部にある掲示板で3時ぐらいに上映する映画は、映画は、、、「県庁の星」のみ。どこかのブログで面白かったよってコメントも読んだし付き合ってやるか!I hope the movie is better than I expected.

織田裕二のキャラにはかなり感情移入、もしくは自分を客観的にみているような。自分がハタチぐらいの時、織田裕二に似ているねーと言われたから??No. 痩せていた頃は多少似ていたけど、今は伊集院光に似ているブー。何が自分と似ているかと言うと、他人に「厳しい」というか「冷酷」というか、、、。もちろん織田裕二のキャラは柴咲コウ役との接触で丸〜く丸〜く人間的魅力あるキャラに最終的にはなるんだけど、序盤まではやはり自分の能力に酔いしれ、他人の上強引に立ち、命令するのみみたいな性格。俺が世界で一番正しい人間なんだ!!だから従え!!みたいな。

県庁のエリートが3流のスーパーマーケットに民間交流のため派遣だもね。人間関係でちぐはぐなモンも生まれますよ、そりゃー。

点数は75点。モーニング、レイトなんかで1200円で鑑賞できるのならGOサイン!話しは簡単で頭使わなくよいので、丁寧に作られたこの映画の流れにプカプカ身をまかせて、、、。

邦画のコメントって何書いてよいのか分からないね。
日本人なので自国の作品ともディープなつきあいを。
前向きに検討していきたいと思います(爆)


kentyo_no_hosi.jpg
posted by marco at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14459658

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。