2009年03月21日

7つの贈り物(劇場鑑賞)

注意!以下の文で映画のネタバレがありますので、これから鑑賞予定のある方は読まないでください!

ハリウッド映画は見終わったら、心がスカッとするハッピーエンド作品だ!と先入観や期待を持って映画館に足を運ぶと、今回のウィル・スミス主演の「7つの贈り物」のように何日間も心にモヤモヤ感が残りたいへん気分がよくないことが起こりうる。

原題は「Seven Pounds」というのだが、そのタイトルが何を意味するのか分からず、ネットで答えを探しまわる。1つあった…

Ben essentially gave away seven pounds of flesh to make up for the seven innocent lives he killed because of his selfishness(car accident I asumed you watched the movie). But he only gave it to the most deserving people he could find. That's why he turned down that extension to the man who owned that elderly medical home.

ベンは彼の身勝手さから生じて起こした交通事故で罪のない7人の命を奪い去り、それを償うために彼の7ポンドの肉体を無料提供した。しかし、彼は彼が見つけ出し心から納得のいく人物にのみ臓器提供するのを決めた。だから、老人ホームで悪事を働いていた人物の要求を拒否した。


重たいのは、この物語は、ベンが救急センターに電話して「今、これから俺は自殺する…」みたいな出だしで始まるんだよね。

彼は心から愛せる人物に会うのだが、その彼女へ心臓を提供するために自分はバスタブに水をためて猛毒クラゲに刺されて自殺してしまうだよね。

彼は交通事故を起こしてから、自分の命は他人に捧げると強く思った。

でもね…実際に自殺までして他の人を助ける…てのが議論の嵐で…

アメリカではかなり叩かれていますよ。この映画…

ここまで読んだ人はネタを知ってしまったので、観に行っても感動や心動かされる事はないと思います。

もうちょい考えてみるはこの映画について。

ではでは。

sevenpoundsjpg.jpg
posted by marco at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115995257

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。