2009年01月26日

Audible.comからのお誘い

車社会のアメリカでは通勤時間にオーディオブックを聞く習慣が根付いていると聞く。勝間和代さんのようなオピニオンリーダー的存在の人達もプッシュするオーディオブック…。

メジャーな所で、Audible.com(http://www.audible.com/)。自分は今会員になると無料で1本ダウンロードできますよ!の企画に参加し、ダウンロードをし終えたら料金が加算される前に退会したのが1年ぐらい前だっけかな??

でも、アカウントは存在していて、登録してあったメルアドにいろいろなサービス企画、情報が送られてくるわけです。

今回のメールには、「1ヵ月分の会員料金支払いで2ヶ月分カバー、プラス25ドルのクーポン付き!」なのである。1ヶ月の料金は1400円ぐらいなので、今考えている所です。

村上春樹の小説の英語オーディオブックもかなり充実しています。「海辺のカフカ(Kafka on the Shore) 」には268票のレーティングがされています。こんなに外国人にも聞かれているのなら、日本人が外国に行ったら「日本人のくせに、村上を読んでいないのか?あなたは本当に日本人ですか?」と問われるかもしれません。

2月14日が締め切りなので、それまでに聞きたいオーディオブックが何冊かあれば短期間加入するかもしれません。

※全部英語のサイトなので、クレジットカード等の情報を入力したりするので、手続きに自信のない人は加入を慎重に考えて下さい。
posted by marco at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。