2007年05月20日

第三回映画検定 in 札幌

tenshi.JPG


第一回映画検定を受けたのが去年の6月。早いもので1年経ちました。

前回は入門の4級に合格することができたので、今回は飛び級して2級にチャレンジ!なぜ2級かと言うと、映画検定の頂点である1級は2級所持者しか挑戦できないのである。自分的には、映画検定の資格もっていても自己満足以外何ものにもならないと知っているが、1級を持っていれば自分が自分に惚れる感情、、、何と表現してよいのやら、、、なにはともあれ1級持っていたらなにか偉業を成し遂げたような達成感が得られるのではと思い、その前哨戦である2級に今回挑戦しました。

結果は死亡、、、エンピツ転がして(死語?)マークシート塗った方が的中率があったかも。なんせ出題される問題が古く厳しー!!
中にはミュージックビデオ出身の監督ではないのは誰?みたいな問題もありました。
デイヴィッド・フィンチャーはそう。ミシェル・ゴンドリーもそう。スパイク・ジョーンズもそう。お前や!アレクサンダー・ペイン!君は違う!と、、、。自信もって答えられたのこれぐらいやな。

今回は札幌市内の天使大学が受験会場でした。
1級、2級の合同での試験でした。
何人受験したと思います??寂しいよー。
札幌(北海道?)地区では、2級が18人、1級が6人のみでした。
第一回の時の人の山は凄かったのに、もう今では、、、。

まあ、落ちたと思いますが、何が良いかって言うと、見過ごしがちな古い映画に注目がいくことかな?今の映画があるのは、過去の映画人たちのがんばりがあるから。時間があれば、過去の名作、傑作、駄作なんかチェックしていきます。
posted by marco at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。