2006年03月21日

ロスト・イン・トランスレーション(DVD鑑賞)

この季節は「ロスト・イン・トランスレーション(2003)」を見よう!

春。春と聞いて連想するのは「別れ」ですか?それとも「出会い」ですか?今までの環境に別れを告げ新生活を始める人も多いはず。地方から出てきて札幌のような都市でひとり暮らしを始める人も多いでしょう。この映画「ロスト・イン・トランスレーション」の舞台は東京。主役はアメリカ人の男女、ボブ(ビル・マーレイ)とシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)。彼らにとって日本での生活は短期間にせよ、アウェイそのものなのです。家族から離れ、ひとり暮らしを始めたばかりの人には、やはり不安や孤独に感じる時もあるでしょう。そんな人達はボブやシャーロットに共感できるものがあるはず。その2人はおのおの結婚しており、東京にやって来た理由もそれぞれ。ボブはサントリーのウィスキーのCM撮影のため、シャーロットはカメラマンの夫の付き添い。2人は超高層ホテル「パークハイアット」に滞在していて、心にぽっかり喪失感を抱える同士が同じ臭いを感じとり引かれ合うストーリーなのであります。結婚している同士が引かれ合うって不倫ちゃうかいなー??と思われる方もいると思いますが、この映画の中では純粋な「プラトニック」な関係が描かれているのです。

監督はソフィア・コッポラ。外国人監督の視点から見る日本ってのも興味津々ですよねー!?一方的に名刺を手渡すビジネスマン。電車の中で恥ずかしげなしに漫画を読む青年。LとRの発音の区別ができないコールガール。ゲーセンで夢中に「太鼓の達人」をプレイする青年。しゃぶしゃぶを食べ終え、自分で料理して金払うレストランってありえないよなーと愚痴るボブ。などなど。そういう描写を日本人である自分が見ても、「そうだよなー。当たってる。そうきたかー!」と思えるほど。やるな、ソフィアよ!
アメリカのサイト「The Internet Movie Database」で7.9とまずまずの高得点を映画ファンから得たこの作品。機会があればチェックしてください。特に春向きの映画ですので。


lostint.jpg
posted by marco at 10:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

県庁の星(劇場鑑賞)

先日、アカデミー賞の発表があり、作品賞は「クラッシュ」になりましたよねー。札幌で「クラッシュ」が公開されているのはシネマフロンティアのみ。水曜日はメンズデーということもあり地下鉄でヒュ〜ンと行きました。チケット購入前にトイレで用をたし、スッキリすると場内放送で、「お知らせします。3時上映のクラッシュは現在をもちましてチケット完売になりました。」ひぃえ〜。ひぃえ〜。平日のおやつの時間だぜー??売り場上部にある掲示板で3時ぐらいに上映する映画は、映画は、、、「県庁の星」のみ。どこかのブログで面白かったよってコメントも読んだし付き合ってやるか!I hope the movie is better than I expected.

織田裕二のキャラにはかなり感情移入、もしくは自分を客観的にみているような。自分がハタチぐらいの時、織田裕二に似ているねーと言われたから??No. 痩せていた頃は多少似ていたけど、今は伊集院光に似ているブー。何が自分と似ているかと言うと、他人に「厳しい」というか「冷酷」というか、、、。もちろん織田裕二のキャラは柴咲コウ役との接触で丸〜く丸〜く人間的魅力あるキャラに最終的にはなるんだけど、序盤まではやはり自分の能力に酔いしれ、他人の上強引に立ち、命令するのみみたいな性格。俺が世界で一番正しい人間なんだ!!だから従え!!みたいな。

県庁のエリートが3流のスーパーマーケットに民間交流のため派遣だもね。人間関係でちぐはぐなモンも生まれますよ、そりゃー。

点数は75点。モーニング、レイトなんかで1200円で鑑賞できるのならGOサイン!話しは簡単で頭使わなくよいので、丁寧に作られたこの映画の流れにプカプカ身をまかせて、、、。

邦画のコメントって何書いてよいのか分からないね。
日本人なので自国の作品ともディープなつきあいを。
前向きに検討していきたいと思います(爆)


kentyo_no_hosi.jpg
posted by marco at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。