2006年01月30日

フライトプラン(劇場鑑賞)

観る前にネタバレのあるブログなんて読みません。俺が知っている情報は唯一、ジョディー・フォスター演じる主人公(カイル)の娘が大型ジャンボジェット機内で消えること、、、。

Kyle: Have you seen my daughter?
カイル: 私の娘を見なかった?

「私の娘を見なかった?」このセリフを聞いてピンッとくるのは去年公開された「フォーガットン」。予告もみなの知的好奇心をくすぐりにくすぐり、シックスセンス等の作品を超える驚き、仕掛けが待っているはずと期待して見るも、その安易なオチに肩を落とした人数知れず。なんと言っても◯◯人オチでしたからね。

今作の「フライトプラン」は何が待っているのだー?どんな展開で俺たちを楽しましてくれるのだー?娘がいなくなったのは、夢オチなんかじゃありませんよねー??そんなバカなねー?高まる期待!

見終わった感想、、、。「アイデンティティー」級の衝撃はあったか、、、?いや、、、。

例えるのなら、親友のYがボーナスをもらい、日頃お世話になっているから自分に食事をごちそうしてやるよと言われる。自分は焼き肉で脂したたるカルビでヘビーな食事が良いなーなんて思う。が、Yがいい店見つけたといい「そば屋」に連れていかれる。まぁ、いいか、天ぷらそばも捨てたもんじゃないし、、。が、Yがここのそばの本当の旨さを知るには、もりそばが一番。注文するよ、もりそば。えー、もりそば。

今回の「フライトプラン」。確かにオチ、タネ明かしはあるものの、もりそば級。パンチがねえぇ〜〜〜〜。
「クラシック」「オールドファッション」な作品なんだよねー。
似ている映画と言えば、、、、「ダイハード2」(←けっこうネタバレ級、しかもダイハード2の方が面白いような気がする。)

良かった点と言えば、ジャンボジェット機に実際に乗っているような臨場感があった。多分、劇場の音響設定なんか凄いんでしょうねー。緻密な計算で成り立っているのでしょう。自分は中心より左側に座っていましたが、右奥のスピーカーから搭乗客のボソボソ声なんか聞こえていましたから。

そのジャンボ密室の中で鳴り響くヒステリックに周囲を怒鳴り立てるジョディーの声。ジョディーの強い親子愛を表現するために、あんだけ攻撃的なキャラでいったのかもしれない。が、オーバーアクティングのような、、、。アメリカ人はあんなに自己主張の強い人種なのかと誤解を生む可能性も。

点数は65点。1800円なら詐欺料金。DVD待ちで良いのでは??
どうしも娘の行方を知りたいのなら、劇場のサービスデーで1000円で鑑賞できる日を狙いましょう。

p.s. ジョディー・フォスターとマイケル・ジャクソンって顔似てね?



flightplan.jpg
posted by marco at 19:04| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。